定時制高校への編入・転入

不登校になってしまった子の再チャレンジ先として通信制高校以前から存在するのが第二の高等教育機関である「定時制高校」になります。(>>>不登校対応情報なら【不登校STAND UP】)定時制高校は基本的に全日制同様決まった日時に学校へ通う事になりますが全日制と大きく異なるのはその時間帯。一般的に定時制高校と言えば全日制の生徒が帰った後の夕方や夜、あるいは休みの日等に授業が行われます。場所も全日制学校の後者を借りて夜間に行われるところが多いようです。基本的な教育カリキュラムは全日制と同じですが、朝から夕までフルタイムで学ぶ全日制に対し定時制は夜の限られた時間で同じカリキュラムを学ぶ事になる為その時間差分として3年ではなく4年かけての卒業としている学校が多いようです。既に働いており日中学校に通う事が出来ない生徒さんは勿論一度は不登校や引きこもりになってしまった生徒さんの復学先としても定時制は選ばれています。


定時制高校について

「働きながら通う事が出来る学校」としてのイメージがすっかり定着した定時制高校ですが何も夜間にしか開講されていないわけではありません。学校によっては昼コースを扱っているところもあり、定時制は広義には定まった特定の時間の中から自由にコースを選択し通う事の出来る学校となっています。また定時制の夜間コースには給食(夜)もある他、クラブ活動や部活動いった授業時間外の活動も盛んです。修学旅行や遠足、文化祭といった学校行事にも精力的で学校の「時間帯」と「卒業必要年数4年」という点を除けばその内容は殆ど全日制と変わりありません。 定時制って?

定時制と不登校

定時制高校では勿論引きこもりや不登校に一度はなった生徒さんの復学も受け入れています。今通っている全日制には通えないけど出来れば周りの人とそう遜色ない普通の学生生活が贈りたいという子に好まれている印象もあります。ただ一概に全てとは言い切れませんし場所によるものも当然ありますが定時制はしばしば粗暴な方が多いと聞かれています。例えば通信制高校はインターネットによるレポートの提出を主体とした自宅学習が学業の軸に置かれておりどちらかというと内向的で繊細な方に向いていると言えます。それに対し定時制高校は夜遅めの時間に外出する事に抵抗のない活動的な人や、家での自宅学習に向かない人が生徒さんの割合に多いと言います。不登校に至った原因にもよるのですが、ややあたりの強い人間による人間による人間関係の摩擦やいじめを原因とする人の復学、転入編入先としてはあまり相応しくない場合があります。ただこればかりは本当に地域や学校によって異なるので機会が許す限り一度学校の雰囲気や様子を実際に見てからの判断が望ましいかと思われます。

>>>高卒認定試験予備校