通信制高校への編入・転入

不登校からの進路として最近注目を集めているのは「通信制高校」と呼ばれる第三の高等教育機関です。(>>>不登校対応情報なら【不登校STAND UP】)通信制あるいはフリースクール等幾つかの呼び名がありますが、この通信制高校は国家公認の列記とした高等教育機関であり、全てのカリキュラムを修学する事によって全日制や定時制と遜色ない同様の高校卒業資格を得る事ができます。


通信制高校とは

通信制高校では基本的に自宅学習(レポート)を主体とした学業に取り組みます。登校日(スクーリング)も0ではありませんが基本的には最低で年20日程、20日の登校と同等の面接期間を設ける事(テレビ電話による面談や合宿形式の採用)で中には年間3~4日の登校のみで卒業できるという学校も存在します。対人関係をきっかけとした不登校でお悩みの方でも全日制や定時制のように定期的に学校に通う必要がないのがポイントです。 通信制なら安心

また通信制高校では全日制で広く取り入れられている「学年制」ではなく「単位制」を採用しています。通常の学年制では学年ごとに履修カリキュラムが決まっており、一つでも単位を落とすとその学年毎やり直しになってしまいます、しかし単位制では卒業に必要なおおよそ76単位を好きな量好きな順番で履修する事が可能で、たとえ単位を一つ落としてしまったとしてもやりなおすのはその科目だけで済みます。その為学業に自信のない方でも比較的自分の強いカリキュラムを選ぶ事が可能ですし、また仮に単位を落としてしまっても再履修の手間や学費が安く済むといったメリットが存在します。


通信制高校と不登校

なお通信制高校では学年や年齢問わず本当に様々な人が勉学に励んでいます。そしてその中には一度は不登校や引きこもりになってしまったという方も決して少なくありません。通信制高校ではそういった子達の受け入れが特別珍しい事ではなく、学校によっては心のケアやカウンセリングといった学業面以外のサポートが拡充されています。自分に自信を取り戻す事、自分のやりたい事を見つけ出す事、自分にもう一度可能性を見出す事、通信制高校では不登校の子達の「本当はがんばりたい気持ち」を全力でサポートします。特に「やりたい事」に関して言えば通信制では、一般教養を学び高校卒業を目指す普通科目の他に専門学校で学ぶような専門教育を並行して受けられる専門学科、総合学科といったコースが存在します。美容師やネイリスト等の美容業界、ミュージシャンやボーカリスト等の音楽業界、漫画家やデザイナーといったイラストレーター業界やアスリート業界など様々な分野で活躍できる人材教育に通信制高校は勤めています。こういった自分の好きなことに集中できる環境は通学や勉強への強いモチベーションとなり将来に対する展望も明るくなるといいます。

>>>定時制高校への編入・転入