不登校でお悩みの方へ

当サイトをご覧になっている全ての不登校でお悩みの方にまず知ってほしい事があります、それは「不登校=悪」では無いという事です。現在の日本社会において学校に行けない事はしばしば厳しい目で見られる事もあります、周りが出来てあたり前の事が出来ていない、周囲との調和が取れていないと冷たい言葉をご本人様あるいはその親御さんが浴びせられる事もあるでしょう。しかしそれは「不登校」という現状だけにスポットを当てているからにほかなりません、不登校はあくまで「結果」であり其処に至るまでの「経緯」と「原因」が必ずあるものです。

「不登校」とは言ってしまえば身体、心あるいはその両方を学校にある驚異や危機から守る為の「回避行動」です。不登校が悪ではありません、しかし強いてあげるのであれば「不登校に成らざるを得ない状況こそが悪」なのです。「不登校」に対して私たちは手を打つのではなく、その原因に対して私たちは手を打たなくてはいけない、まずそこだけは当サイトをご覧になった全ての方に履き違いの無いよう理解していただきたく思います。ここを違えてしまうと本来味方であるはずの親や先生と本人様の間に深く大きな亀裂が生まれてしまいます。 一緒に頑張りましょう

不登校の傾向

以上の内容をご理解していただいた上ででは不登校にならざるを得なかった原因とは何かを追求していく事、これが不登校を解決に導いていく為の第一歩になります。繰り返しになりますが「今のままのままじゃまずいから」「学校に行けなくて/行かなくなってしまって申し訳ない」といったアプローチでは解決するものも解決しなくなってしまうのでくれぐれも注意しましょう。

まず「不登校」とはその言葉の通り「学校に行けない」状態の事を言います。広義には「学校に行かない」「学校に行きたくない」状態も含まれますが、これらは言わば予備軍であり彼らの心の中ではもう「学校に行けない」状態である事もしばしば散見されます。さて、学校に行けなくなる理由というのは学校に行けずに悩む生徒さんの数だけありその傾向と対策も一人一人異なります、しかし多少無理やりではありますが強引にその傾向をまとめるといくつかのパターンに絞る事ができます。 不登校とは

「人間関係の拗れ」これは同じクラスの人間は勿論部活動の先輩や教師、しばしば両親も原因や対象として含まれます。クラスの中で発言力の強い子から目をつけられてしまった、「いじめ」にあっている、きっかけは色々ありますが会いたくない人がいる、会うと嫌な気持ちになる人がいるというのは不登校の原因として成り立ちます。

また「学校の勉強についていけない」というのも学校を倦厭する理由になりえます。勉強に追いつけない事で自身に積もる劣等感、そして周りからの疎外感は次第に自分が何をやっても無駄だ、行っても自分だけ勉強が出来ないから恥ずかしいという想いを強くし学校を遠ざけるようになります。またこういった様々な現象が複合型となり、もう自分でも何が原因で学校に行けなくなってしまっているのかわからなくなってしまっている子もいます。

人間関係が上手くいかない事や学業に追いついていけない事は学校に行きたくない様々な気持ちを煽ります。例えば学校に行く事に不安を覚え学校が怖くなる子、本当は辛いのに周囲や親に良い顔をする事に疲れていって燃え尽きてしまう子、何故自分がこんな目にあわなくては行けないのかと不満を募らせて行く子、人間関係や勉強が上手くいかない事で何もかもがどうでもよくなってしまう子、たとえ最初のきっかけでは同じでも学校に行けなくなってしまう子の気持ちというのはまた一人一人違います。そして中には「不登校」になって自分を守る事すら間に合わず、精神疾患の症状が出てしまったり自死に走ろうとしたりする子もいると言います。そういう意味ではまだ「不登校」という勇気ある選択が出来ただけ今学校に行かない事を選択した子というのは強い子なのかもしれません。 学校に行かない勇気

不登校に至る原因やその子の気持ちは複雑です、しかし手間と時間をかけて一つ一つしっかりと紐解いていく事でこの問題は解消する事ができます。覚えておいてください、学校に行かない子の多くは問題児のように言われますが彼らの殆どは基本的に普通の子です、その子自身に著しい問題のあるケースはごく稀です、何処かでボタンの掛け違いが起きて彼ら自身が他の誰よりも苦しみまた戸惑っているのです。