不登校になってしまった原因とは?

元気に学校へ通っている人はなんてことが無いかもしれませんが、中には何かが原因で通えなくなってしまった人もいます。
なぜ不登校になってしまったのかその理由は個人によりけりですが、一番多いのは学校の勉強についていけないと言うものみたいです。(>>>家庭教師によるサポート
続いて多かったのは、いじめや先生との相性が悪かったと言うものらしく、こちらの方が今では増えているみたいですね。
以前までは叱ってくれる人や間に入ってくれる人物がいましたが、近年ではそれもなくなってしまったのが原因かもしれません。


不登校は情けない?

よく学校へ行けなくなった人は情けないと言いますが、実際にそのようなことはありません。
ただぐうたらしているとか時間を無駄に使っている人は情けないと言われても仕方ありませんが、中には頑張っている人もいますよね。
不登校だけど少しずつ自分を変えていきたい、いつかはまた通えるようになりたいと頑張っている人がいることも忘れないで。
人間関係がうまくいかずに悩んでしまうのは誰にでもある事ですし、少し休息の時間を作っても悪くないと思います。


どのように対応する?

親としては、子供が学校へ行かなくなってしまうと心配ですし口うるさくなりがちです。
不登校になってしまったら口うるさく言うのではなくて、子供から歩み寄ってきてくれるまで待つのが一番です。
何年たってもそのまま変わりなければ、親の方から歩み寄るようにして、心のわだかまりを少しずつ取り除いてあげましょう。